ナナボックスのブログ

南青山アイクリニックでレーシックを受け遠視化。数回遠視矯正をするも眼痛や頭痛、斜位悪化、視界不良に苦しんでいます。「適応に問題がある」と複数の眼科医から意見をもらっていますが、戸田郁子院長は指摘に当たらないと回答。どうにか克服して、新たな人生を切り開きたい。 #レーシック #LASIK

レーシック(LASIK)眼は17歳も早く白内障手術が必要に?

「レーシック(LASIK)手術を受けられた方は白内障手術が早期に必要になるかもしれません」

以下、ある奈良県の眼科医が目について書いたブログより転載。

(http://blog.livedoor.jp/eyedoctor/archives/51795113.html)

白内障は主に加齢変化ですが、白内障が進行してきて見えにくくなってくると手術を受けます。

そこで、2014年日本眼科学会総会にて北里大学の飯島敬先生たちは、LASIK白内障にどれくらい影響するのか?

LASIKを受けると白内障が進行してきて手術をうける年齢が早くなるのかどうかを調べ、発表されました。

その結果、

LASIK手術を受けられている方の白内障手術年齢:54.4才

全体の白内障手術年齢:71.2才

近視が強い方の白内障手術年齢:64.2才

という結果となりました。

なんと、LASIK手術を受けられた方は、17歳も早く白内障手術を受けられている結果となりました。

その原因として、近視の強い方も7歳も早く白内障手術を受けられており、近視の強い方は眼球の軸が長いために白内障になりやすいといわれています。もともとLASIK手術を受ける前は近視があったわけで、それも一つの要因になります。

しかし、LASIKを受けられた方は、近視の強い方の手術年齢よりもさらに早くなっています。

その理由は、LASIKを受けられた方は、もともと眼鏡で矯正できない屈折の異常である高次収差が増加しているといわれています。そこに加齢で白内障による高次収差が増えてくると、もともとあったLASIKによる高次収差がさらに強くなってきて、他の方よりもより早く見え方に影響したものと考えられています。

LASIKを受けられた50歳以上の方で、最近見えにくくなってきている方。それは白内障かもしれません。

気になればお近くの眼科で診てもらった方が良いかもしれません。

原因はなんだろう。高次収差のことが書かれているが、エキシマレーザーが強い紫外線波長であるらしいから照射は短時間であっても不可逆ダメージを与えるのか、角膜には雑光カットの働きがあるようなのでそれを薄くしたことによってフィルターの役割が失われるからなのだろうか。

十分な事前説明をしたならレーシックを受ける人はいないだろう

「自由診療」事前説明は十分ですか? レーシック集団訴訟をみつめて - Yahoo!ニュース

レーシックは角膜切削剥離焼灼矯正手術という語が正式名称だそうだ。レーザーは紫外線波長だそうだ。健康な人間を対象とする手術なのだから患者ではなくお客さんという語が正しいだろう。角膜はどうして綺麗な球状をなしているのだろう。どうしてほどよい厚みを持っているのだろう。なぜ角膜の表面に感覚神経が密集しているのだろうか。近くを見るときには調節筋が収縮してピントを合わせると同時に寄り目になる。これを輻輳反射というそうだ。角膜に異物が触れると瞬時に瞼が閉じる。これを角膜反射というそうだ。人体には反射という身を守る機能があちらこちらに備わっている。これだけみても、各臓器組織が緻密に連携して恒常性を保っているのだという生命の神秘性を感じる。

息が浅い。手が冷たい。

自分はとにかく首から上の症状が強く、たまに左腕がしびれるくらいで体は元気なはずなのだが、眼の圧迫感が強いときは呼吸が浅く苦しくなる。あとサウナに入っても手が冷たいまま汗が出ないということがあったが、これはかなり改善した。眼の周囲には無数の神経の枝が存在するという。そういえば眼球を冷やしたり圧迫すると徐脈になる反射があるようだが、自律神経にも影響を与える繊細な器官が眼なのだろう。

こんなクソみたいな惨めなブログを書くしかない気持ちがわかるか

治りさえすればすぐにでも撤退したい。こんなことから逃げたい。関わりたくない。全て許す。自業自得だと納得する。

 

「ブルーライト害悪説」は、非常識ともいえる前提条件の下で測定された数値を元に、商業目的で意図的に造られた説である可能性があります。

ブルーライトの南青山の見解に対する疑問の件だが、同じようなことを書いている記事があった。

ブルーライト」の正体とPCメガネの効果

http://www.m-bsys.com/knowledge/pc-glasses_kwsk

ブルーライト」の正体とPCメガネの効果(まとめ)

http://www.m-bsys.com/knowledge/pc-glasses

どこかのメーカーが実験した輝度を最大から適切な輝度まで下げたデータグラフも載っている。
f:id:nanabox:20161028073448j:image

そしたらブルーライトも他の波長の色と変わらないじゃないか!だいたい輝度を最大にして見る人などいるのだろうか?としても、ブルーライトだけでなく緑も赤もはねあがるのに、先日の記事ではブルーライトばかり強調している。健康な目でも眩しく、スマホならバッテリーの減りだって倍以上になるだろう。下は南青山が提供したと思われる「輝度を最大にして」という条件下のグラフである。
f:id:nanabox:20161028070327j:image

さらにブルーライトには精神を落ち着かせるなどのよい効果もあり、JRの駅のホームで自殺防止のために設置されているとかいろいろ書いてある。そして「ブルーライト害悪説」は、非常識ともいえる前提条件の下で測定された数値を元に、商業目的で意図的に造られた説である可能性があるとまとめている。

その真偽はわからないまでも、やっぱりあなた方はビジネスのためならなんでもやるかという感想だ。

レーシック訴訟は本当の意味で被害者のためになり得るか

批判の意見も出るだろうことは承知で、今回の法的解決を求めた訴訟について思うことを書いてみたい。

今回の裁判にあたっては被害者の中でも賛否の声があった。自分は提訴理由がこのレーシック問題の本質を問うものであり、後遺障害とともに生きていく助けになるなら参加したいと思っていたが、今はこの提訴に疑問を持っている。ちなみに自分の症例は難しいとの弁護士からの報告だったが、別に自分が外れたから不満を抱いていわけではない。

これまでも書いたようにレーシック手術そのものに問題があるのであって、ガイドラインを守ったからいいとか、説明義務を果たしたからよいという話ではないと思っている。それすら守られていないのだから話にならないのであるが、今回の提訴理由はこのあたりを指摘したものである。

だが、実はこれは彼らにとって特に痛い話ではなく、省みるきっかけにはならないと思うのである。

結局は治せないのだから、金銭的賠償を求めて精神的な負担を軽くしたり治療費にあてたり、レーシックの危険性を世間に流布するという意味ではよいのかもしれない。
しかし、仮に勝訴したとしても例えば治療費の半分も戻ってこない可能性が高いことは最初から弁護士ともどもわかって進めている。弁護士費用や諸経費でほぼちゃらになるだろうと予想している。

提訴理由が事の本質をついたものではなく、レーシックは「いい部分もある」を前提に、主に手術の進め方に問題があるという点のみを指摘している。ただそれさえも不十分で、検査の正確性や適応の判断についても国内の論文にはないから、あるいは協力医の見解では問題はないですませている。数名の眼科医から医学的にみても問題だと言われたことや現代の眼科学からも不備を問える部分があることも伝えたのだがだめらしい様子であった。

それに根拠となるらしい論文についても基本的に「彼ら」が書いたものであり、協力医も「彼ら」が担当しているようなのだ。実際に報告書にも南青山アイクリニックの医師の論文を引用してあった。ということは自分の情報はあちらにもいってるのではないかと疑ってしまう。この点については教えられないとのことであったが、それこそ重大な個人情報である。

医学的なことはわからないと弁護士はいうのだがそんなことは当然であって、わからないから被害者側が勉強して問題点をあぶり出す。それが被害者の立場からの提訴であり弁護であると思うのである。手術から提訴まで彼らの言うなりでは被害者が納得できる裁判などできるはずもない。

さらに安易に軽い判例をつくってしまうということは、今後もし重篤な被害者が出てもそこまでなんだよと線引きをしてしまうことにもなりかねない。

もっと被害者と弁護士が調べて何が問題なのかをよく検討して、もちろん治療を含めた今後の見通しを具体的に立てて進めるべきであったと個人的には考えている。

しかしながら、これをきっかけに社会に周知されてレーシック新規希望者が減ったことは大きな意味があったと思う。