ナナボックスのブログ

南青山アイクリニックでレーシックを受け遠視化。数回遠視矯正をするも眼痛や頭痛、斜位悪化、視界不良に苦しんでいます。「適応に問題がある」と複数の眼科医から意見をもらっていますが、戸田郁子院長は指摘に当たらないと回答。どうにか克服して、新たな人生を切り開きたい。 #レーシック #LASIK

患者に伝えることのないlasikの危険性(白内障

レーシック既往のある人は白内障になる確率が高まるという。レーシック手術により、何らかの侵襲が水晶体に及ぶからなのだろうか。 白内障編 レーシック手術経験者では若年齢化も!70代以上で90%超、誰も避けられない「白内障」――北里大学医学部・清水公也…

業界が患者に伝えることのないレーシックの危険性(ドライアイ.角膜神経痛

フラップ作成に伴う角膜表面に密集する知覚神経の「広範囲」の切断。これによるドライアイは半年ほどで改善する、とだけ説明するが、100%回復することは有り得ないこと。個体によっては十分に回復せず、日常に支障をきたすほど重度のドライアイが永続するこ…

斜位がどんどん大きくなっている

昨日、関西の眼科病院にてたまたま医科大学から来られた斜位や斜視を専門にしているという教授に診てもらう機会があった。上下のズレ幅がかなり大きいようで、具合い悪いだろう、と手術を勧められる。 が、もうしない。これ以上の手術はこりごりだ。たとえ治…

レーシック手術 なぜ件数激減

レーシック手術 なぜ件数激減http://news.yahoo.co.jp/pickup/6205640…景気の影響で激減したと慶應の眼科医がおっしゃってるようだが、そりゃ慶應だもんね!!感染症の予防管理なんて当たり前のことであり、ここでも真のリスクは隠すというゴミ記事を見た。…

一度壊した目は決して元に戻ることはない

レーシックは成功とか失敗というレベルの話ではなく、やってはいけないものだった。両親から授かった大切な角膜。形や厚さ、密に集まった神経の存在など、意味や役割があるからそうなっている。失った角膜は二度と戻ることはない。

目の表面が擦り切れる痛さ。光が散乱。視界がきつすぎ。

目がやられた原因

痛みや光の刺激が頭まで響く感覚。そんなことが続いてるからか思考までおかしくなってくる。なるべく客観視しようと南青山のよい点を考えてみたが、当事者にしてみればよい点なんてあるはずもなく、別にそのくらいのことは当然だろう。 レーシック後遺症に苦…

いまの斜位の状態

一年ほど前に南青山にて測定したもの(上)。同じくB院にて測定したもの(下)。それから三ヶ月前にB院で測定したもの。現在は両目で物を見ることが大変になってきて片目を外していることも多い。B院ではレーシックではなくプリズム眼鏡をかけるべきだったこと、…

目と頭の疲れは夜が楽

前は左目の表面から左腕にかけてしびれるときもあったが、今は首から下は全くなにもない。それなのになんで目と頭がこんなにも疲れるのか不思議で仕方ない。風呂に入って食事をして血流よくしておいてから電球の光の中にいると落ち着いてくる。片目をはずし…

レーシックと角膜拡張症

レーシック後に角膜を薄くしたことが要因で(と思われる)、角膜が突出して不正乱視などが生じる角膜拡張症に苦しむ患者さんが何人かいる。こんな抄録を見つけた。円錐角膜疑いの患者に角膜拡張症になったら角膜移植で対応する旨の同意を得て、レーシックを実…

最善の手術がなされたのかどうか

左の遠視矯正は南青山で2回、他院で左1回、右2回している。戸田郁子院長は、現症は私達の手術とは関係がなく責任を求められても困るとのことだが、それも半分くらいは理解できる。でも、なぜ再手術をしなければなからなかったのかということを考えてもら…

目の痛み

現在は目の表面の痛みに苦しんでいる。遠視矯正する前は目の奥の激痛だった。南青山で初回手術後は、左の明らかな過矯正でピントが合わなかったりとにかく疲れた。目のまわりに引きつるような痛みもあり、執刀医が補正ができるからとのことで遠視矯正をした…

いまの視界

見え方が曇ってて歪んだような景色。その度に変動する。朝はドライアイも強く水を入れるまで白い。色味は左右で違い薄い。見えないのはストレスだけど、我慢できないのが眩しさ。日中は偏向サングラス。蛍光灯の白系のは特に苦しいので部屋は電熱線の光に変…

【お知らせ】前衆議院議員・三谷英弘弁護士によるコラム「僕がレーシックについて国会で取り上げた理由」をさくらフィナンシャルニュースが連載・配信開始

@mitani_hさんのツイート(https://twitter.com/mitani_h/status/659571316882739200?s=09)をチェック【お知らせ】前衆議院議員・三谷英弘弁護士によるコラム「僕がレーシックについて国会で取り上げた理由」をさくらフィナンシャルニュースが連載・配信開…

四回目の質問書に対する回答書

三回目の質問書に対する回答書

本書状をもって貴殿からのご質問に対するご回答は終了させていただきます

一方的に代理弁護士たてて配達証明送ってきておいてこれはないだろう。

一回目に送付した質問書

南青山アイクリニック戸田院長からの返答なし

質問書の回答がこなくなった。こっちはただ本当のことを知りたいだけなのに

四回目に送付した質問書

三回目に送付した質問書

二回目の質問書に対する回答書

まったく納得できない。

二回目に送付した質問状

今の視界

他の後遺症患者さんが再現してくれたものとネット上からとった写真だが、これらが半分づつ混ざったような見え方をしている。光がある昼間は特にひどくまぶしさも加わり変動する。夜は夜で鳥目のようになるが、電球の部屋にいるとかなり落ち着く。院長の診察…

適応検査カルテ④

何度もこのときに戻りたいと思ったけど前向きに行こう。当時はマイクロケラトームという刃で角膜表面を切っていった。麻酔してても痛みは感じたな。

適応検査カルテ③

どうしてレーシックなんてしてしまったのだろう。手術後の値だろ?とよく聞かれるけど術前もの。「いま近視をなおしておけば将来近視が進んでも半分の度数の眼鏡で済みますよ」と説明されたが、近視という近視ではなかった。もともと目がよく、急に視力低下…

適応検査カルテ②

目の痛みとめまいのような気持ち悪さが今日も明日も続く。眩しさも不正乱視のような視界にも慣れる気配がない。

適応検査カルテ①

術前の裸眼視力は1.0p、0.4。カルテ開示をして初めて知ったのだが、屈折異常もごくわずかであった。もともと視力はよかったのだが、生活環境が変わり近見作業が多くなった年に、半年ほどで急に視力が低下して左右差が出た。あのとき違和感が気になって、眼科…

弁護士から配達証明郵便

治療と平行し、責任等について話し合いをしている中で院長から要望書を書面にて欲しいと言われたので手渡した。クリニック全体の理事会で話し合いを持たせてもらうとのことであったが、それを境に院長と直接のやりとりはできないと配達証明郵便が届く。

同意書

約10年前。この当時はレーシックの宣伝が盛んにされ始めた頃。執刀医からはレーシック適応か否か、どんな照射方法をすすめるかの説明。デメリットなどは検査員から小さなガイダンス冊子を見ながら簡単に説明を受ける。