読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナボックスのブログ

南青山アイクリニックでレーシックを受け遠視化。数回遠視矯正をするも眼痛や頭痛、斜位悪化、視界不良に苦しんでいます。「適応に問題がある」と複数の眼科医から意見をもらっていますが、戸田郁子院長は指摘に当たらないと回答。どうにか克服して、新たな人生を切り開きたい。 #レーシック #LASIK

レーシックと角膜拡張症

レーシック後に角膜を薄くしたことが要因で(と思われる)、角膜が突出して不正乱視などが生じる角膜拡張症に苦しむ患者さんが何人かいる。
こんな抄録を見つけた。
f:id:nanabox:20160207182728j:image
円錐角膜疑いの患者に角膜拡張症になったら角膜移植で対応する旨の同意を得て、レーシックを実施。悪化したので角膜移植を行い、その後の経過は良好というもの。これはいったいなんなのだろう。治験なのか実験なのか知らないが、こんなことをしてもいいのだろうか。患者の同意を得れば何をしてもいいのだろうか。
円錐角膜の患者に角膜を薄くすれば、進行リスクが高まるだろうということは素人でも察しがつくことだ。角膜不正を治そうとしたのか、近視矯正をしようとしたのか、レーシック技術発展のためのデータ取りなのかこれだけでは目的がよくわからない。しかし普通なら「円錐角膜」の治療をするのが眼科医であり、病態をさらに進行させるかもしれないレーシック手術をするのはいかがなものかと思う。
過去に「LASIKの真実‐本城竜哉」という本が出版されている。ここで紹介されている円錐角膜の患者にレーシックをしたという症例はこのことなのだろうか。
ちなみにある患者さんは、術後しばらくして発症したものの執刀医はレーシックとの因果関係を認めず、「未知の合併症が出る可能性に同意しているでしょう」で済まされてしまうのが現実のようだ。